FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/13

宮城県石巻市 18歳の少年の事件

宮城県石巻市で18歳の少年が、元交際相手だった女子を連れ去った事件がありました。その際、女子の家族や友人など男女3人が殺傷されています。事件前から、少年の常軌を逸した言動についてが問題になっており、惨劇の予兆は何度もあったとか、被害女子の家族から相談を受けていた警察の対応が問題視されているようですが、、そもそも、もうこの少年は普通の精神状態でなかったことは関係者の目にも明らかだったことでしょう。どんなことばを吐いていたかとか、彼のプロフだの残っているログから判明することは、彼の精神は病んでいたということ、半ば崩壊していたということだ。

何故誰も彼を病院に連れていかなかったのだろう? 少年は女子の家を何度も訪れていたり、接点その物があったわけだから、まして2人の間に子どもまでいる間柄なのだし、少年の家族とコンタクトを取ることぐらいは可能だったはず。実の家族なら当人の異常性を感じた時点で強制的に病院や然るべき施設に強制的に保護してもらうことができていたでしょうに。


今回の件を相談すべきは、警察ではなく、まず少年の身内と病院・専門家だったんだと、思いますよ。未然に防ごうとする努力が周囲には足りなかったんだと思う。いや、努力する術も知らなかったのが不幸中の不幸で。そもそも、人間の精神の異常性についての理解が、まだまだこの国においては希薄であり、一億総無知状態ってところです。このことが改めて、今回の事件を聞いて実感され、とても悲しかった。


誰だって一時的に壊れることがある。そんなことすら、解らない人がまだまだこの国には多い。


罰を与えたところで、心の病は治るものではないのだけれども、、

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。