FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

アルカナ「女教皇」に学ぶ「自分と向き合うこと」の重要性

2010.03.30 (Tue)

さて、前回はコミュニケーション上達術をお伝えしましたが、その後徐々に上達していますか? 継続は力なり。うまくいかないことがあっても、すべてはステップ、経験です。その経験を内に積み重ねているあなたは、確実に変化を遂げる渦中にあると言えるのですから、Keep Going!

 さてさて、前回は人間らしく思いをことばにして発することの重要性を提唱したわけですが、一方で「人が何を言うかより、何をするかが重要だ」なんてこともよく言われます。実際「口で言うのはカンタン」なんてことも言われがちす。そう、こうして文書で書くこともそうですが、「ことば」にすることは、確かに重要。そしてそこからどう動いていくか、何に着手し、進展させていくかが、より肝心要の肝になってくるのですね。

 ただ思うままに何でも行動に移せばいいというものではないことは、賢い皆さんのことですから察しのつくことでしょう。また、生来思い立ったら動かずにはいらないタイプの方も、それが裏目に出て痛い思いをされたという経験をお持ちかと存じます。事を起こす時には、今一度よく考えることが重要です。ここの所が難しいがために、私たちは日々、悩み不安を抱えていると言っても過言ではないでしょう。多くの人たちが占い館を来談されます。「転職したい」「離婚したほうがいいのかどうか、、」「今の彼と付き合っていて大丈夫?」etc色々なご相談を持ちかけられます。

 基本、人間は心のおもむくままに、思いのままに自由に生きてよいのです。アルカナ「愚者」による処方箋で、気持ちを解放し自由に動くことの大切さをお伝えしています。「人に迷惑をかけなければ、何をやってもいい」そんな風によく言われもすることです。しかし、「迷惑をかけなければ」という条件は結構な要素になります。自分ひとりだけのことなら悩みもしないでしょうが、関わる社会がある、家族がある、周囲が、、、果たして今これを実行してよいのだろうか?そうやって人は悩み、考え込むのでしょう―ここですね、この段階でこそ、占術が必要になるわけです。

 何が正しい、誰がまちがっている、こうするべきだ、そんなことは、誰にもわかりはしないのです。押しつけや決めつけでは、何も解決することは出来ない。自分が当然だと、当たり前だと思うことを、当たり前だと思ってはいけないのです。
 続きは、月刊ステラ・マガジン「心のカフェテラス」>幸せになある22の法則>lesson2で。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

00:00  |  占い
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。