04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

世の中には、幸せになる離婚と不幸になる離婚があるそうだ。

2010.04.14 (Wed)

離婚を否定はしません。ただ、そもそも結婚したから、離婚という問題が浮上するわけで、つまりそのそもそもの「結婚」はどうだったのか?ということを考えてしまうんですよね。やっぱり、、離婚するもしないも人生、それは結構なんだけれども。離婚がテーマになり、するかしないかで幸不幸が変わってくるというのなら、そもそもその当事者は幸せになる結婚をしていたのだろうか? 幸せになる離婚=実は不幸になる結婚をしていた、ということになってしまうのではないでしょうか?と。

私は、結婚生活も恋人との交際における悩みも、つまるところは、人と人との関係性だと常日頃から考えている。基本は変わらないでしょうと。で、夫婦ともなれば、人生最長の人間関係になっていくわけでしょう。誰だってその場限りの単発のおつき合いのほうが楽で、うまく添い遂げられる自信もわくでしょう。それが長くなればなるほど、仮面は通用しなくなってくる。自分自身すらもだましていた化けの皮をはがされてしまうのが、夫婦関係というものなのではないでしょうかね。

まあ「だましていた」というと、語弊があるか。つまり、「変化」です。人間というのは、いや何であれ常に変化しているものだから。自分はこういう人間だ、こういう考え方、こういう行動パターンをすると当たり前に思っていても、徐々に形を変えていくのが常。

そんな私たちが他人と長く付き合っていこうとしたら、ある程度距離を置いておつき合いを、というのが最善の策だったりするものです。

しかし、夫婦とは、生涯で最短距離にいる間柄。最長の年月を費やしながら、最短距離にいる間柄、、ある意味やってはいけないことに無謀に挑戦するかのような、そんな人間関係だとも言えるでしょう。だから私は、そんな無謀に挑戦しませんという、独身主義の方の気持ちも痛くわかる気がするのよね。

だからね、結婚生活に入っていくのなら、ある程度やっぱり覚悟決めなきゃ。結婚前に見えている相手の欠点や気になる部分にまつまる不安、「こういう問題に出くわすんじゃ、、」という不安は的中する。「やっぱり、、」とかそこで萎えるぐらいの根性ではあきまへん。それでも受けて立ったるで、というくらいの、そう、やっぱりその相手のことを思う気持ちがあるかないか、そういうことはもう基本の基本かと思うのだけれども、なかなか渦中にいると見えなくなってしまうようですよね。

テーマ : 幸せな結婚しよう - ジャンル : 結婚・家庭生活

18:00  |  社会
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。