06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

耳かき殺人

2010.10.28 (Thu)

東京都港区で昨年8月、耳かき店店員、江尻美保さん=当時(21)=と祖母の無職、鈴木芳江さん=同(78)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われた元会社員、林貢二被告(42)の裁判員裁判第5回公判が25日、東京地裁(若園敦雄裁判長)で開かれた。検察側は「結果は重大で、真摯(しんし)な反省の態度はない」として林被告に死刑を求刑した。

遺族の涙の訴えと法廷で涙する裁判員の存在が報じられた一件。

人ひとりの存在、その重さは計り知れないほど大きなもの、かけがえのないものであると言えるでしょう。たとえば、あなたが居なくなるなんて、考えただけでもぞっとしてしまう人が、この世の中には必ず存在していることでしょう。人ひとりの存在、命の尊さを、誰かにいちいち教えられなくても、実感として、体感として、私たちは肝に銘じて自ずと生きているのだと思います。だから、誰かが誰かの命を奪うようなことはあってはならないと、人をあやめるなどとはもってのほかだと、今回残忍非道な手段でもって人ひとりの命を奪った被告の判決として、死刑が求刑されるに至ったのでしょうが。

ただ、殺人を犯した人を極刑に処し、そこで何が解決するというのでしょうか?犯人から反省と更生の機会を奪って、その命をも奪い取る権利までもが、司法の判断にゆだねられてしまうというのは、だいぶ法のシンボルである天秤も、釣り合っているはずの天秤が左右で大きく上下しているように感じられるのです。

大昔、日本では「仇討ち」が認められていた。現行日本の司法制度では、報復行為は禁じられています。何かをやられたからと言って、同じことをやりかえすことは、法的に認められていません。しかしながら、日本の法廷とは、仇討ちの現場になっていないと言えるのかどうか、、

そもそも、果たして遺族感情を考慮する必要があるのかどうか。仇討ちのような刑が執行されることで、本当に遺族らは癒されるのか? これで癒されるほど、人間はシンプルな構成ではできていない。

法廷とは「感情」を捨てる場であるはず。故に、正義の女神像はめかくしをして剣を手にしている。法曹らに、新しく裁判員という人員が加わることによって、裁く立場の人それぞれの「思い」が判決に注がれていく様が、あるNHKの裁判員を描いたドラマでは見て取ることができ、一抹の不安がよぎる。法曹らにとっては、そんなことより過去の判例と出世のみが大事なのかもしれないが。

テーマ : 考えさせるニュース - ジャンル : ニュース

00:00  |  三面記事
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。