FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/13

ネコにエサをあげるなら、、

「ネコにエサをあげるなら、避妊手術と○○○○..!」なんて書かれた看板が、勤め先周辺によくよく見られます。
○○..とはだいだいお察しいただけるかと。もう7年以上も通い続けている某勤務先周辺に。そのもっとずっと前から掲げられていたような古い看板だが、ご健在。

「野良猫は見殺しにして下さい」なるえん曲なメッセージに、いつも寒気を覚えます。
一体、いつからこの地上は人間だけのものになったんでしょうね。とんと記憶がございませんが、、

気持ち、わからなくはないんです。でもそれはまったくの人間のエゴです。誰しもが抱えている人間としてのエゴに気づいた時、私たちはそこで立ち止まらなくてはならないのです。人間のエゴを、「当たり前」のように語ってはいけない。

人間だけのことを考えてはいけない。人間以外の生き物だって、どんな生き物だって、否応なくこの世に生まれ出て、あとはもう生き抜くしか術がないのだ。どんな生き物だって食べて排泄をして、繁殖していく。いかなければならないのだ。必然なのだ。

私もそうだが、人間とは、放っておくと限りなく身勝手に、ご都合主義に突っ走っていく。食用になる生き物は、阿漕な手まで使って一生光を見ない世界で埋めや増やせや。都合のよくない生き物はどんどんお見殺しですか。


人にはそれぞれ自由がある。野良猫を駆除していきたいのなら、仕方がないするがいいと思う。しかし、立て看板でその他大勢に促し、他者を巻き込むのは、やめていただけないものだろうか。

野生動物のフォローは、つまり野良猫のね、日常の営みから発生する様々な後始末は、おそらく霊長類の長たる人が、誰かがやらなきゃならないことになるでしょう。いいじゃないの、できる人がやってあげれば。餌付けしていようがしていまいが、そのくらいのフォロー誰だってやってあげましょうよ。

ある人は言う。「責任を持て」と。餌付けをするなら、その生き物に対する責任を持てと。避妊手術させたり、排泄物の処理をするといった社会的責任を負うべきだと。
が、待って下さい。そういうあなたは、社会にどれだけ責任を負っているのでしょうか?公序良俗について、公衆衛生、環境について、公害、汚染にいっさい関与せず、日常生活を送っている人などいないだろう。

「ネコにエサをあげるなら、避妊手術と○○○○..!」という発想は、ただ生き物の死活問題と、自分の居住地近辺の衛生管理とをいっしょくたに考えて、問題「解決」ならぬ「解消」しようとしているだけにすぎないでしょう。野良猫の存在自体が問題であることと、野生動物及びペットの去勢・避妊の問題と、自分の居住地近辺の衛生管理の問題とをいっしょくたに考えちゃいかんですよ。別個にひとつひとつ、どうしてそうなのか、これからどうしていったらいいのか、人間として考えていくことでしょう。

少々文面が乱れていたので、修正しました。日付が出ないとは、、2010/3/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。