FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

合う人、合わない人

2011.03.03 (Thu)

 よくよく人間関係とは悩みの対象になるものだが、そうね、自分と相性のよい、似たような人間ばかりだったらどんなにこの世も過ごしやすいかと思ったりする。まるで違う見方、考え方、とらえ方をされて、えっ?と驚かされたり、腹が立ったり、、気持ちを傷つけられたりして、そうして、何でこんな思いしなきゃいけないの?と悩む。

そんな悩みに対しては大抵どこからともなく、
「いいじゃない、そんな人とつき合わなければ」と答えが返ってきたりする。


 確かにそれも一案だ。人間関係をうまく運べる人というのは、自分と合わない人とはそもそも「つき合わない」。顔を合わそうとはせず、接点を作らず、避けて通ろうとする。だからそうそう摩擦もない、ぶつかることも、心わだかまることもない。ちょっとやそっとのニアミスなども
「いいじゃない、そんなの気にしなければ」とサラリと流していく。 

 うまいな、と感じることもあれば、、何だかね、いつもいつもそんな感じじゃ芸がないというか。
 人としてそんなに魅力も見出せないというところでしょうか。
 この手の人に、仮に自分が何であれ話をしたとして、おそらく当たり障りなく聞き流してくれることなど想定できるのですが、お腹の中ではどう思っているのやらと、本当にどう思うかとか、率直な感想などとても聞けやしないことなども想定できるので、最初から腰の据えた話など期待することもなくなるわけですね。

 合う人、合わない人、そうやって端的に振り分けるのも、芸がなくはないだろうか。苦笑)こればっかだな、、

 私自身は、やっぱり合わない人とも逃げずに向き合った、その過去を自分自身で讃えたい気持ちだ。
 やっぱり気になるものは気になるもので、その気持ちを伝え続けてよかったと。
 お姑さんとも、本当の家族になれるかもしれない。

テーマ : 小さな幸せ - ジャンル : 心と身体

00:00  |  心の問題
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。