FC2ブログ
2016/01/27

ツイッターとか

ツイッターとかも昨年半ばからやり始めましたが。。私にとってはあくまでもビジネスツールです。
身近な人とのコミュニケーションが充実しているので、いちいちツイートする機会がない。
思惑まみれのモニターから汚染のオーラが発せられているようでもあり。
まあ所詮ヴァーチャルの世界にまで、24時間の中で関わっている時間がない。

人生は短い。不器用で頭がわるい私としてはリアリティのみ相手にすることで精いっぱいだ。
ホンネを言いすぎると、直球ストレート過ぎると、言われてしまうのだけれども、そんな会話がいいぢゃない。
身近な家族、鑑定や受講にいらして下さる方、出荷先、、その日その日に会う人たちと、私は話をするのが好きだ。
用事以外の余談、雑談、必ずしなくては終わらないところがある。
そういうムードを察知されるのか、結構色々話しかけられたりもして。
話好きの人、私は大好き人間だ。
誤解も行き違いも、そりゃありますよ、人間生き物ですから。
なんかねー「言った言わない」を避けるため仕事のやり取りはぜんぶメールですとかなんとか。
わかってないよねー人間というものを。これはいかんです。
「人間」という生き物に強くなること、これがナディアの大前提の開運論。

話すことができない子供時代からいつの間にか「食べる食べない」という壁にぶつかり拒食症というレッテルを貼られた時期もありましたが、中毒症状、依存症に悩まされる雑多な人種の人たちといっしょに学んだことは「みんな同じ」だった。
食べたり、飲んだり、暴力ふるったり、心の問題を抱えた人の身体症状、精神症状、多くは「心の叫び」から来ているってことも。

立ち直りに際して、いつも私の本音を受け入れてくれた仲間がいた。
学校生活の中では触れ合えなかった、「ありのままの自分」を認めて受け入れてくれる似た者同士の仲間が。
ああ世の中は広いんだ、勝手に決めつけ、型にはまっている必要はなかったんだなあと、徐々に徐々に心の中の雪解けを経て、気がついたら割と話好きで人間好きな自分が居たというわけだ。

言いたいことをだまって飲み込んでいると、心にもからだもおりがたまります。
「それは実際言いたくないの」と言う時点で、言いたいココロにふたをしているという。
言ったってしょうがない、話したって解決しないと言う人もいるけど、それでもなお、言いましょう。話しましょう。
そのために「くち」はあるのです。

口を使わないと、どんどん退化してしまいますよ。
どうして世の中はツイッター路線に流れたのだろう?
見渡せば、会話する相手はすぐそこにいるはずなのに。
遠くのどこの誰ともわからない人の「反応」に生きてしまうのは、どこか現実から逃げているだけのような。