01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

今年のご相談の傾向

2017.01.08 (Sun)

購読ユーザー様Kさんからこんなメールを頂きました。


「今年の悩みはどのような傾向になるのでしょうか?ちなみに昨年は目立ったのは再婚  結婚  親の離婚が原因の親子関係に悩む子供たち、でした。」


・・Kさんは現職の占い師さんですね、メール、ありがとうございます。きっと場所柄1日何人ものご相談者と向き合われているのですね、お疲れ様です。

わたしのほうはですね、1日おひとり様の予約制なので「傾向」までを出せる鑑定数をこなしていないというところで、、「今年のご相談の傾向」という考えがなかったのでよい機会を頂き、ありがとうございます。

で、個人的なイメージとしては、木星が乙女座から天秤座へと通過していく年であり、規制や秩序を時代の変化にそわせてどう砕いていくかというテーマを見出しています。
大きな案件だと「生前退位」的な。それはもう私が割と若い内から価値観の多様化が問われ出して、核家族化からライフスタイルも様々になり現行制度でどう対応するんだという問題提起がそこここでなされてはいたのですが、いよいよ就労の在り方あたりが大きく問題視されて企業が動き出したところですよね。

だから若い人たちの職業選択とか新しいビジネスモデルとか、まあ占いというとやはり恋愛・結婚相談は根強いでしょうし、そこに自分の仕事、相手のライフスタイルがからんだ相談などが増えるのではないかと。

そういえば「女性の活躍」がここ数年キーワードになっていたけど、規制緩和・制度改革によって「活躍できる層の幅が広がる」年になっていくのではないかなという気も。うん、そうあってほしい。あまり性差的な発想は好みでないから。

相談者というのは、相談に乗る側のキャパとか性格傾向とある程度一致する人がいらして下さるという側面もありますね。やはり相談者自身がしてきた辛い経験、乗り越えてきたからこそ、受け留めさせて頂けると言う。そういう部分ではKさんにしか対応できない案件というものにも直面するかと、思うんですね。どんなご相談であれ、わたしたち鑑定士各々それぞれが自分らしく、誰がしかのお役に立たせて頂ければ、本望ですよね。
01:39  |  占い
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。